スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完成まで

10_20100825094206.jpg 9_20100825094207.jpg 2_20100825094128.jpg
上画像左より・・日の丸、味方識別帯等塗装後マスキング・・機体色塗装後スミ入れ・・デカール貼りです。
機体の塗装はラバウル時代の岩本徹三機にしました。
最近、岩本氏直筆のスケッチを元に新考証の塗装図が発表されたものです。
ちなみにキットにも同機のデカール、塗装図がついているんですが、これは機体色が中島製の塗り分けで
胴体白帯がなく、機番が3-104になっています。
岩本氏がこの機体に乗っていた時期(19年初頭)は中島製の52型はまだ数十機しかなく、この時期に
中島製52型がラバウルにあった可能性は極めて低いと思います。
最近ハセガワでも定番外キットで同機の三菱塗り分けが箱絵になったやつが出てたと思います。
で、目玉の?胴体の白帯ですが、これはSWEETの1/144で箱絵になりましたね。
これは氏の証言、スケッチが元ネタでなかなか信憑性が高く、これに決定しました。
ただ、この機体・・・そもそも52型以前の型だったのでは?という説もあるようですね(笑)
4_20100825094127.jpg 1_20100825094353.jpg 3_20100825094128.jpg
排気管は開口して溶接跡を瞬着で再現しています。(少しオーバーかも・・・)
今回、工作の目玉だった脚収納庫はなかなか良い出来になりました。

以下、完成画像です。

17_20100825094352.jpg

12.jpg 15_20100825094351.jpg 24_20100825094350.jpg 43.jpg

4_20100825101554.jpg 6_20100825101554.jpg 7_20100825101553.jpg

キャノピーはキットのクリアパーツを削って開状態に・・・と思っていたのですが、
削っている途中でやはり(笑)割ってしまい(2個も・・・)結局スコードロンの塩ビキャノピーを
使用しました(笑)
・20mm機銃は0.6mmの真鍮パイプ
・アンテナ支柱は真鍮棒から削り出し
・ピトー管は真鍮パイプと白洋線の組み合わせ
・ブレーキパイプはエナメル線
・脚出し指示板はエッチングパーツの帯板で・・

このキット、どこにでもある超定番キットですがやっぱりいいキットですね。
また別マーキングでやってみたいです。





 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かっこいい!!

いやはやまったく72に見えませんね!!
ちょっと日本機やりたくなってきました。

No title

早い、すごい、かっこいい の3拍子ですね
72にリベットでもすごいですが、破綻がない
ですね。

No title

この機体(白帯)は空母部隊からの譲受のもんでしょうか?
22型の可能性はどうでしょうか?
でもラバウルのゼロ戦は色々な機体の寄せ集めで、
部品は一部撃墜されたアメリカ機のものだったとか。
48だと思ってたんですが72だったんですね。
キャノピー変えるとかなり違いますね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。